目と手の協応動作

使用プログラム:1 パターン:1 

 
30秒間にいくつ反応できるか試しましょう。

【目的】
ゆっくり正確に動作するトレーニングです。